味覚にチャレンジ!おいしさの明日を拓く。ジャパンスパイスはわかめを主に自然の恵みを素材として優れた食品の数々を扱う総合食品メーカーです|企業情報

代表取締役からのご挨拶

代表取締役会長兼CEO 阿部田 亨 代表取締役社長兼COO 中見 英昭


ご挨拶


ジャパンスパイスは創立以来、大自然の恵みを素材として優れた食品の数々を皆様の食卓にお届けしてまいりました。
豊かな発想と高度な技術力によって誕生した製品は業界トップレベルのシェアをもつにいたり、これはお客様の長年にわたる信頼の証であると確信しております。
弊社の基本理念は生産、販売、貿易部門のグループ10社が「特技と特技の組合せ」をモットーに、より高品質・低価格の商品供給を実現すること。全員がこのテーマに向かって努力すると共に、日々変化する市場の動向を的確にとらえ、さらに新しい魅力的な製品の開発に力を注いでいます。
弊社の主な製品は、栄養やおいしさだけでなく高い付加価値をもつ、今話題の「機能性食品」といわれるもので、新時代とともに今後ますます需要の拡大が予想されます。弊社も積極的な研究開発はもちろん、独自に開発した機械設備による合理的生産体制をフル活用し、品質向上・生産管理などを含め、社員一人一人がスペシャリストとしての力を充分発揮しながら、お客様に「ご満足いただける製品」をお届けできるよう日々努力を続けていく所存でございます。
なにとぞ皆様の一層のご指導、ご愛顧を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

会社概要

社名 株式会社ジャパンスパイス
所在地 【本社・工場】
〒365-0065 埼玉県鴻巣市中井360-1
TEL : 048-595-1088
FAX : 048-595-1086
【営業本部】
〒115-0055 東京都北区赤羽西1-37-3
TEL : 03-5963-7761
FAX : 03-5963-7762
設立 昭和47年5月15日
決算期 12月末
資本金 8000万円
事業内容 乾燥各種海藻製品製造販売
乾燥加工食品製造販売
香辛料及び調味料各種製造販売

役員一覧

代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 阿 部 田  亨
代 表 取 締 役 社 長 兼 COO  中 見  英 昭
専 務 取 締 役 林   みゆき
専 務 取 締 役   進 藤  佳 孝
常 務 取 締 役 藤 田  忠 広
常 務 取 締 役 飯 島  光 一
取 締 役  事務・業務 部長 淡 路  征 司
取 締 役  品質管理部 部長 丸 山  由 美
取 締 役  工 場 長 山 﨑  貴 子
取 締 役  貿 易 部 長
藤 墳  宏 司
取   締   役
寺 下  加代子
取   締   役 清 水  裕美子
取   締   役 ( 非 常 勤 ) 吉 田  宏 司
取   締   役 ( 非 常 勤 )
野 田  貴 祐
取   締   役 ( 非 常 勤 ) 岡 田  勝
取   締   役 ( 非 常 勤 ) 豊 村  正 勝
監   査   役 阿部田 千枝子

沿革

昭和47年 東京都練馬区にて香辛料・乾燥野菜の製造販売を開始
昭和48年 乾燥わかめの製造を開始
昭和57年 本社工場を埼玉県浦和市に移転、香辛料・海草類の増産をはかる
平成元年 本社第二工場を浦和市内に設立、香辛料の増産と小袋包装を開始
平成5年 資本金1600万円に増資する
平成6年 資本金3700万円に増資する
平成8年 グループ会社として福岡県に株式会社ジャパンフーズを設立、
同時に大阪・名古屋・札幌に営業所を開設し、全国的に販売力を増強する
平成9年 本社及び工場を現住所へ移転、最新設備による増産と研究開発体制を強化する
平成11年 東京営業本部を東京都北区王子に開設
資本金5000万円に増資する。
株式会社ジャパンフーズ、本社を福岡県から名古屋へ移転
平成13年 株式会社ジャパンフーズを改組し、
新たに株式会社オールジャパン・株式会社ジャパンフーズ福岡
・株式会社ジャパンフーズ大阪を設立
平成16年 本社工場選別ラインにCCDカラーカメラ搭載色彩選別機導入
平成17年 中国遼寧省に合弁会社を設立し、現地生産を開始
平成19年 株式会社大宝フーズ設立
平成20年 市販用商品の販路拡大に伴い、本社工場に小袋自動充填機を導入し増産開始
平成21年 本社工場リニューアル改装工事完成
業務拡大の為、東京営業本部を現住所に移転し、
「営業本部」に改称
平成23年 埼玉県上田知事 本社・工場を視察 地域貢献企業として評価いただく
平成24年 本社工場に最新鋭小袋自動充填機を導入し増産
平成27年 資本金8000万円に増資
平成28年 本社工場に最新鋭小袋自動充填機を更に増設
平成29年 本社工場隣接地に第二工場新設の用地を取得・着工
平成30年 鴻巣市内に約2100の土地・建物を取得し、第三工場と命名し物流倉庫として運用開始
本社工場に選別ならびに小袋充填ラインに最新型X線検出器を導入
令和元年 更に第三倉庫隣接地に約1000㎡の土地を取得
第二工場竣工・稼働開始
同時に本社工場を全面リニュ-アル・稼働開始
外部認証の為、食品安全チームを起ち上げ、FSSC認証取得を目指す
令和2年 第三倉庫隣接地を物流倉庫として活用する為、第四倉庫として着工・運用開始
本社工場に最新型小袋充填機を更に導入し増産開始
本社工場「FSSC22000」の認証を取得
令和3年 第二工場に最新型色彩選別を含む選別ラインを増設し増産開始

▲ ページトップ